日本と外国を結ぶ国際フェリー航路の紹介と上手に利用するコツ、お役に立ちそうなTipsなどを集めてみました。皆さんの旅行のヒントになれば幸いです。

For English users, also see the top page in English or “English category“.

リニューアルしました

詳しくはこちらをご覧ください

渡航先の安全情報をご参照ください。
外務省・海外安全ホームページ
韓国に滞在・渡航される方へのお知らせ~情報への注意と「たびレジ」・在留届についてのお願い~ 2017/04/11

ニュースと更新情報

『フェリーで海外旅行へ行こう!』 サイトメニュー

航路一覧(まとめ)

沖縄と台湾を結んでいた航路は2008年6月に運航会社が破綻したため消滅。現在のところ日本-台湾間の旅客フェリーはありません。

フェリーで乗り継ぐルート ~ 日本から韓国へ 日本から中国へ

発着港周辺のガイド

旅のテクニック集

『ニュースと更新情報』アーカイブ

2017年1月分以降は「アーカイブ」をご覧ください。2016年以前の記事は毎年12月31日に一括して掲載しています。

フェリーで行く旅の日記

海外旅行に船旅を組み込むコツ

上等船室を楽しもう

クルーズ客船ではないので超豪華な船室は期待できませんが、それでも大きなベッドとプライベートな空間を専有できるのは船旅ならではの魅力です。グループ旅行なら自室で簡単なパーティーも楽しめます。(食べ物の持ち込みは衛生的な意味でも、営業的な意味でも嫌われますのでほどほどに。)

パッケージツアーを利用する

フェリー会社や旅行代理店からパッケージツアーが発売されています。多くは九州や関西など発着港から出発するツアーですが、通常の往復運賃より安く利用できてお得です。ツアーにはいろんなタイプがあります。2人から催行のツアー、フェリーとホテルだけを組み合わせたツアー、フェリー片道利用のツアーなど。1都市滞在型の旅行におすすめです。

長期旅行に組み込む

短期間の旅行ならフェリーより格安航空券を利用した方が断然安くて便利です。しかし割引航空券は帰国日までの期間が長いほど値段も高くなりますので、10日間位の旅行ならフェリーで渡航しても同じくらいに。日程に余裕があればどうぞ。

片道はフェリーで、片道は飛行機で

「そうは言っても往復とも船で移動する時間が無いし。」という方は片道だけフェリーを利用するプランはいかがでしょう?LCC(ローコストキャリア、いわゆる格安航空会社)は片道ごとの発券が基本。一般の航空会社が適用する発券ルールと比べて、安く簡単に片道航空券を入手することができます。

日本から韓国へ乗り入れているLCCのなかで、片道航空券が安く買えるのはピーチ・アビエーションとティーウェイ航空、チェジュ航空、イースター航空。中国へは春秋航空。(2015年10月現在) 飛行機で時間を節約したぶんだけ、船旅と港町散策が楽しめます。

バックパッカー旅行のスタートに。

海外行きフェリーの片道運賃は、割高になりがちな大手航空会社の片道航空券より安く買えるのも魅力です。上海やソウルに渡ってから1年オープン航空券を購入したり、中国~ベトナム~カンボジア~タイを陸路で旅するルートのスタートにも使えます。また、学生さんの休み期間中なら誰か一人くらい旅の達人が乗っていますので、旅行談義を楽しみながら格安旅行術を勉強することもできます。上陸初日の宿泊は到着港に近いホテルに決めて、出発前に日本から予約しておきましょう。初めての個人旅行でも安心です。

「フェリーで海外旅行へ行こう!」はこんな人たちが作っています。

画像はにー

韓国方面特命担当員: はにー

自称『時刻表系旅人』。時刻表を片手に安いきっぷを見つけては鉄道・空路・バス・船・レンタカーを駆使し、日本全国&韓国の温泉・お城・神社仏閣などに出没するひらリーマン。恋人募集中。
ferry_ferry_2009@yahoo.co.jp

【管理人:とん助より】はにーさんには日韓航路の乗船レポートや、韓国の各港の取材にご尽力頂きました。特に旅日記シリーズは、はにーさんの旅日記メールのファンになった管理人が書き下ろしを依頼したもの。フェリー旅行の楽しさを、愉快なはにー節とともに楽しんで頂ければ、と思います。

画像とん助

サイト管理人: とん助

外国行きフェリーへの憧れからサイト開設を思い立つ。
どうせなら旅行に役立ちそうな情報をアップしてみよう、旅行者が楽しめるような船旅ヒントを載せてみようと、フェリー会社へ応援の気持ちも込めて日々更新しています。
info@byferryfrom2japan.com