HOME 日本-韓国航路 日本-中国航路 日本-ロシア航路 韓国-中国航路 台湾-中国航路 English

福州・平潭港周辺のガイド


より大きな地図で 平潭港澳前旅客ターミナルの周辺案内 を表示

地図アイコンについて
平潭港澳前旅客ターミナル平潭港澳前旅客ターミナル 平潭バスターミナル(平潭闽运车站)平潭バスターミナル(平潭闽运车站) 平潭公交総站(公交总站)バスターミナル平潭公交総站(公交总站)バスターミナル 福建海峡高速の発券オフィス(金海園大酒店1階)福建海峡高速の発券オフィス(金海園大酒店1階)

台北港、台中港行き「海峡号」「麗娜輪」は平潭港澳前旅客ターミナル(平潭澳前客运码头 Píngtán àoqián kèyùn mǎtóu )から発着します。場所は福建省福州市平潭県澳前鎮(平潭县澳前镇)。福州市中心部からフェリーターミナルまで道なりに約130km。長距離バスターミナルがある平潭島の中心部からは約4km。

フェリーターミナルの名称は「澳前鎮客滾碼頭(澳前镇客滚码头)」などの呼び方も見られますが、バスやタクシーの運転手さんに「平潭の澳前碼頭」と伝えればたどり着くでしょう。

平潭港澳前旅客ターミナルの設備について

両替施設 ×
ATM・CD機 ×
飲食店 ×
売店 ×
免税店 ×
荷物一時預かり ×
無料Wi-Fi ×
施設利用料等 30元 下記参照

(2014年9月現在)

  • ターミナル施設内に両替所はない。港に着く前に台湾ドル、人民元を用意しておいた方が良い。
  • 施設利用料金は30元。乗船チケット発券時に支払うこともあるようです。
平潭港澳前旅客ターミナル
平潭港澳前旅客ターミナル

情報&写真提供: RitaRiyanto さん (2014.9月に利用)

旅の準備に

乗船チケット購入

平潭中心街にある金海園大酒店の1階ロビーに、海峡号を運航する福建海峡高速客滾航運(福建海峡高速客滚航运)のオフィスと旅行代理店が入居。平潭-台湾航路に就航する海峡号、麗娜輪の乗船チケットの予約、購入ができます。チケットは澳前フェリーターミナル内の窓口(出発当日のみ発売)のほか、平潭市街や福清市、福州市の取扱い旅行代理店で購入できます。旅行代理店のリストは台湾-中国航路ページの台北-福州・平潭を参照してください。

食料品、旅行用品の購入

フェリーターミナル内に売店はありません。フェリーターミナル方面へ向かうバスが出発する平潭バスターミナル(詳細は交通参照)の約500m南東に(海坛中路沿いに)スーパー「興福興連鎖超市平潭店」のほか、近辺に多くの商業施設があります。

宿泊

金海園大酒店の福建海峡高速オフィスで乗船チケットを購入すると、金海園大酒店の宿泊料が割引になります。場所は西航路(大通りの名称)と万北路の交差点の南西側。電話:0591-23153888。ホテル前の西航路をフェリーターミナル方面へ向かう東星村行きのバスが通ります。

経済的なホテルチェーンの7天連鎖酒店平潭西航路店(7天连锁酒店平潭西航路店)は金海園大酒店から西航路を南西に約200m、道路対面側。シングル174元、ツイン208元程度から。このほか近辺に多数のビジネスホテルがあります。

金海園大酒店は、宿泊場所としての利用価値もあります。平潭において、連鎖酒店は7天が1軒あるのみ。金海園は、如家酒店の大床房相当の部屋が、朝食付きで168元。さらにここで乗船券を買ったので、130元に値引きされました。かなりお徳です。

ホテルのある西航路はかなりの坂道で、中心の海坛中路から歩いて行くとちょっとしんどいです。バスターミナルから金海園へのバスは、ある事にはあるのですが、滅茶苦茶遠回りをするのと、停留所が遠く利用価値はほとんどありません。頑張って歩きましょう。

西航路と万北路の交差点から。2ブロック目の建物が金海園大酒店。
西航路と万北路の交差点から。2ブロック目の建物が金海園大酒店。
金海園大酒店と福建海峡高速のオフィス。「票務中心 Ticket Center」と表示。
金海園大酒店と福建海峡高速のオフィス。「票務中心 Ticket Center」と表示。
「海峡号」「麗娜輪」の発券カウンター
福建海峡高速の発券カウンター

情報&写真提供: RitaRiyanto さん (2014.9月利用)

平潭澳前旅客ターミナルへの交通

フェリーターミナル(平潭澳前客运码头)の近くに免税の台湾商品を扱うショッピングエリア「平潭免税商場購物(平潭免税商场购物)」があって、その交通アクセスを兼ねて平潭中心街と福州のバスターミナルからバスが出ています。フェリーターミナルへ行く際は「澳前客运码头」「台湾商品免税市場」などの表示が目印になります。

2016年3月以降に平潭港を利用した方から、以下に紹介している平潭中心街行きの路線バスが見当たらないという投稿を複数いただいています。廃止になった可能性が高いです。定額タクシーの利用を検討してください。

平潭港からのタクシーについて ex-ah6mf さん

平潭港には1時間40分遅れで到着しました。市街地行き路線バスがなさそう(福州直行バスはある、バス乗車券も台北港で購入すること)なので、仕方なく、ホテル(金海園)までタクシーに乗りましたが、ここのタクシーにはメーターが付いていません。公示料金のようです。タクシー乗場に1人あたりの料金表が掲示されていました。乗り合いです。港から平潭市街まで50元、港から福州市内まで400元など。1人あたりの料金だから、行き先が決まると運転手は同方向の客を探します。私が乗った車は、客2人で出発して、途中、歩いている人に声をかけて3人になりました。この歩いていた人、タクシーに呼び止められなかったら、街まで両手に荷物持って歩くつもりだったのだろうか?

金海園大酒店ですが、福州・平潭港周辺のガイドのページにある写真をタクシー運転手に見せてもわかってもらえませんでした。現在、赤地に金文字の看板は出ていません。紙に漢字で書いて見せましょう。

ex-ah6mf さんのコメントから転載(2016年5月に利用)

平潭中心街

路線バス53路が平潭公交総站(平潭公交总站・【注意】平潭バスターミナル(平潭汽车站)とは別の施設)からフェリーターミナル行き、または台湾商品免税市場行きが出発。終点のバス停「対台フェリー埠頭(对台滚装码头)」下車。バスは約15~20分間隔で運転。運行時間は6:20~17:30。平潭公交総站から所要約30分、運賃2元。

タクシーは市街地から約40元(2014年9月)。2016年3月に利用したヨコスカ特快さんによると、フェリーターミナルから平潭バスターミナルまで60元。料金表を運転士から見せられたということで、タクシー料金は公示運賃の可能性も。(2016/03/23追記)

平潭バスターミナル

平潭バスターミナル(平潭汽车站または平潭闽运车站)は平潭市街地の潭城中路と海坛中路の交差点付近に位置します。ここから東星(东星)村行きの郊外バスに乗車。運転手に告げると、規定バス路線の大通りからフェリーターミナルへ迂回してくれるかも。大通りで降ろされた場合は、進行方向右手に見えるターミナルビル「旅検大楼(旅检大楼)」まで約300mを歩く。運賃は3元。

福州

福州のバスターミナルからフェリーターミナル直行のバスが出ています。鉄道駅に近い福州北バスターミナル(福州汽车北站)から8:25と8:50に出発。フェリーターミナル発は15:00~16:00に30分間隔。福州中心部の福州南バスターミナル(福州汽车南站)からは9:20と9:50。フェリーターミナル発は14:30~15:30に30分間隔。所要約2時間、運賃52元。座席数が限られるので事前予約、当日乗船する場合は問い合わせすることをお勧めします。

福州市内と平潭バスターミナルを結ぶバスは頻繁に運転されています。平潭バスターミナルから福州北バスターミナルへは1時間に約2本が出発、運行時間は6:00~18:10(夏季18:40)。福州南バスターミナルへは1時間に3~4本。運行時間は5:20~18:40(夏季19:00)。華威城郷バスターミナル(华威城乡客运站)へは6:20~16:20に約1時間間隔。福州西バスターミナル(福州汽车西站)へは6:45~15:10に約45~90分間隔で出発。福州市内まで所要2時間、運賃は53元程度。

高速鉄道・福清駅

平潭バスターミナルと宏路を結ぶ高速バスが途中、高速鉄道線の福清駅を経由します。福州より先の温州、台州方面や廈門には高速鉄道利用が便利。バスターミナルなどでは福清駅を「動車站(动车站)」と表示することも。平潭バスターミナルから6:00~18:40(夏季19:00)に頻発、1日32本程度。

福州長楽国際空港

平潭バスターミナルから福州空港行きのバスが出発。平潭からは5:20、7:00、9:30、12:00、15:00、17:00発。

泉州

上記の福清駅から高速鉄道を利用するか、平潭バスターミナルから高速バスに乗って蒲田市(莆田市)で泉州行きに乗りかえ。平潭バスターミナルから蒲田行きは7:50、10:30、13:10、15:40発。

廈門

福清駅から高速鉄道を利用、または平潭バスターミナルから直行バスで。直行バスは7:10、7:30、13:00発。

広州

福州空港から航空機利用、または平潭バスターミナルから夜行バスで。バスは15:00発。

福州からの直通バス?
福州からの直通バス?
平潭汽車站-東星村の郊外バス
平潭バスターミナル-東星村の郊外バス
平潭公交総站-フェリーターミナルの53路バス
平潭公交総站-フェリーターミナルの53路バス

写真提供: RitaRiyanto さん (2014.9月)

謝辞: このページは、RitaRiyanto さんの取材情報を基に作成しました。

(2014年11月現在)