門司港

地図アイコンについて
西日本国際ターミナル西日本国際ターミナル ATMATM 両替外貨を取り扱う銀行 小売店スーパー、コンビニなど

国際航路が発着するターミナルはJR門司港駅近くの西日本国際ターミナルです。門司港駅の駅舎から西へ約700m、徒歩で約9分。タクシーを利用すると4分程度でアクセスできます。関門海峡をテーマにしたミュージアム「海峡ドラマシップ」の西向かい。

フェリーターミナルは北九州市門司区の中心街近くに立地。旅支度を整えるのに便利なだけでなく、門司港レトロ観光地区に近いので出発までの待ち時間を有効に使えます。

門司港を発着する航路

門司港を発着する定期国際旅客フェリーはありません。(2011年4月現在)

フェリーターミナル内の設備について

両替 ATM 飲食店 売店 免税店 施設利用料
× × × × 500円

(2010年10月現在)

  • 門司港のフェリーターミナルに両替施設はないが、光陽港のターミナル内に外貨両替コーナーが設置されている。
  • フェリーターミナル内のサービス施設はキオスクのみ。必要なら海峡ドラマシップのカフェ、レストラン、みやげ物コーナーを利用するとよい。

旅の準備に

ATM、外貨両替

フェリーターミナル直近のATMは、門司警察署の隣にあるローソン門司西海岸店のATM。門司港駅を使う人にとって便利なのは、駅の向かい側にあるファミリーマートのレトロ門司港駅前店のATM。どちらもクレジットカードの利用が可能。

駅前にある噴水広場前の道路(国道198号線)を南へ進んだ交差点に北九州銀行門司支店のATM、さらに国道3号線を東に約50m進むと門司港郵便局がある。郵便局のATMは週末祝祭日も稼働。

食料品、旅行用品の購入

門司港駅から30mほど南側にある驛市場門司港店で食料品などが購入できる。門司港レトロの海峡プラザには観光客向けのショップ、みやげ物店などが多数ある。

宿泊

最寄りのホテル

最寄りのホテルはホテルルートイン門司港。フェリーターミナルから西へ約650m。

門司港ホテルは門司港レトロの観光に最適な場所に立地。フェリーターミナルから東へ約700m。

フェリーターミナルへの交通

最寄り駅はJR門司港駅。タクシーのりばは改札口を出て右に折れたところ。フェリーターミナルまでタクシーで約4分。徒歩の人は駅前噴水広場の交差点北側にあるマリンゲートもじ(関門連絡線のりば)から西へ約500m進んで、海峡ドラマシップのある交差点を右へ曲がる。改札口からの距離は約700m。

JR小倉駅

小倉駅から門司港駅まで鹿児島本線の普通、快速電車で所要約12分。運賃は270円。5~20分間隔で運転。

西鉄バスのバス停「小倉駅前」から田浦行きのバス(6、70、73、95、96番)に乗ってバス停「門司区役所前」で下車。線路を渡る陸橋を歩く。バス停「門司区役所前」から約500m。バスの運賃は340円。

JR博多駅

博多駅から鹿児島本線の門司港行きに乗車、または小倉駅で門司港行きに乗りかえます。博多駅から普通列車利用で1時間40分~2時間程度、快速列車で1時間20分~1時間40分程度。運賃は1,430円。門司港駅に直通する特急「きらめき」は所要1時間5分程度、運賃1,430円+特急券(指定席)1,000円。自由席は500円。特急列車を往復利用または2人で片道を利用できる「2枚きっぷ(自由席)」は1枚当たり1,500円。

最速は小倉駅まで新幹線を利用するルート。小倉駅の乗りかえ時間を含めて門司港駅まで所要時間は約40分。運賃は乗車券1,320円+「ひかり・さくら・こだま」(自由席特急券)利用で940円。

北九州空港

北九州空港から西鉄バスの空港連絡バス(ノンストップ便)に乗車してバス停「JR小倉駅北口」で下車、JR鹿児島本線で門司港駅へ。バスの所要時間は約23分、料金は600円。空港へは「小倉駅バスセンター」から所要約35分。

北九州空港とJR日豊本線の朽網(くさみ)駅をバスが約30分間隔で運行。バスの所要時間は約20分、運賃は400円。朽網駅から小倉駅まで普通列車で所要20分程度、朽網駅から門司港駅まで乗りかえ待ち時間を含めて約45~60分程度。運賃は540円。

福岡空港

福岡空港の国内線ターミナルから小倉駅行きの高速バスが約1時間毎に運行。所要時間は約90分、料金は1,200円。

鉄道を使う場合は福岡空港から地下鉄空港線で博多駅下車、JR線に乗りかえる。地下鉄の所要時間は約5分、運賃は250円。

新門司港

新門司港には関西から阪九フェリーと名門大洋フェリー、東京と徳島からオーシャン東九フェリーが発着。各フェリーの発着時間に合わせて無料送迎バス、または送迎タクシー(オーシャン東九フェリー)がJR門司駅へ運行。送迎バスの所要時間は20分程度。門司駅から門司港駅まで電車の所要時間は約7分、運賃は200円。

大阪

JR新大阪駅から新幹線を利用して小倉駅で在来線に乗りかえ、門司港駅へ。「のぞみ・みずほ」利用で所要約2時間10分、運賃+特急券(指定席)は14,250円。「ひかり・さくら」で所要約2時間20分、運賃+特急券(指定席)は13,950円。

瀬戸内海を往く夜行フェリーが大阪・神戸から運航。大阪南港から名門大洋フェリー、泉大津港と神戸六甲アイランドから阪九フェリーが夕方~夜間に出発して早朝~朝に新門司港に到着。新門司港のフェリーターミナルと門司駅前の間は無料送迎バスで移動。フェリーの所要時間は約12時間30分、運賃は2等船室が6,000円から。ネットからオンライン予約をすると約20%割引。2等座敷席が4,800円で利用できる。

京都駅前、大阪の阪急三番街バスターミナル、福岡の西鉄天神バスセンターを結ぶ夜行バスムーンライト号が小倉駅前を経由して運行。所要時間は京都から約9時間、大阪から約8時間15分。運賃は京都から10,000円、大阪から9,500円。運行会社は阪急バスと西鉄高速バス。同区間の高速ツアーバスは5,000円程度から。

東京

羽田空港から北九州空港へ1日16便程度、約40~120分間隔で運航。羽田空港出発から門司港駅までの所要時間は約3時間。

新幹線は「のぞみ」で小倉駅まで所要約4時間50分。在来線に乗りかえて門司港駅までの所要時間は約5時間20分、運賃+特急券(指定席)は21,890円。

オーシャン東九フェリーが東京港・有明から新門司港まで運航。新門司港から門司駅へ送迎タクシー(300円)が利用できる。フェリーは夜19:30頃に出発して3日目の早朝に新門司港へ到着。2等船室14,470円から。

(時刻、料金などは2011年3月現在)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする