博多港

地図アイコンについて
博多港国際ターミナル博多港国際ターミナル バス西鉄バス88番・中央埠頭行き ATM日本円が引き出せるATM 両替外貨を扱う銀行、両替店 小売店スーパー、コンビニなど小売店

国際定期航路が発着する博多港国際ターミナルは、JR博多駅から北に約3km、福岡空港から約5kmの博多港中央埠頭にあります。国内航路が発着するベイサイドプレイス博多の向かい側の埠頭で、マリンメッセ福岡のすぐ北。国際ターミナル行きのバスはJR博多駅前と西鉄天神駅周辺、福岡タワーのあるシーサイドももち周辺からもアクセスできます。

博多港国際ターミナルから北に約200mのところに、クルーズ船専用ターミナルの「博多港中央ふ頭クルーズセンター」が開業。クルーズ旅行に参加される方は、集合場所がどちらのターミナルなのか旅程表などで確認を。

フェリーターミナル内の設備について

両替施設 1階SBJ銀行など
ATM 1階
飲食店 3階レストランなど
売店 2階
免税店 出国手続きのあと
荷物一時預かり コインロッカー
無料Wi-Fi
施設利用料等 必要 500円

(2015年9月現在)

  • 外貨両替はターミナル内のSBJ銀行で。1階インフォメーションでも日本円への両替ができる。
  • 1階に西日本シティ銀行のATMが設置。ゆうちょ銀行、提携銀行のキャッシュカードも使用可能。
  • 1階に韓国食堂KOPAN、3階にレストランがあります。フェリーターミナル近くのマリンメッセ福岡にカフェテリア、福岡サンパレスにもレストランあり。
  • 2階の出国前待合室にコンビニとドラッグストアがあります。
  • 2階にリラクゼーションサロンがあります。
  • 無料Wi-Fiのネットワーク名は”Free-HakataPort**”(**は数字)。パスワード無し。複数のフロアに設置されていますが、回線は混雑気味。
  • コインロッカーは2階に設置。使用料は300~500円。
  • 1階のインフォメーションでは海外旅行傷害保険、携帯電話レンタル、日本国内用SIMカード、宅配便の受付などをサービスしています。
  • 出国手続き後の待合室は1階にもあります。2階免税店の横にある待合スペースは混雑気味なので、免税店で買い物を済ませたら降りてしまいましょう。
  • 施設利用料は12歳以上が500円。6歳以上12歳未満は250円。

(2011年8月、2012年8月撮影)

旅の準備に

ATM、外貨両替

ターミナル内1階のSBJ銀行博多港両替所では、日本円、韓国ウォン、米ドル、ユーロ、中国元を取扱い。SBJ銀行のウェブサイトからクーポン券を印刷して持参すると両替手数料30%引きに。1階インフォメーションでは日本円と韓国ウォンの相互両替、米ドルとユーロから日本円への両替ができる。

フェリーターミナル内のATMから日本円が引き出せる。JR博多駅の博多口から国際ターミナル行きのバスのりばに移動する途中の地下道(下記参照)にもATMコーナーがあります。

博多港郵便局のATMは国際クレジットカードで日本円のキャッシングが可能。また福岡国際会議場の角向かいにあるセブンイレブン博多築港店にはセブン銀行のATMがあります。

食料品、旅行用品の購入

ターミナル2階の待合室(出国前)に食料品やお土産品を販売するコンビニ店とドラッグストアがあります。出国後エリアにある免税店でも、化粧品、洋酒の他にご当地お菓子やおつまみなどのお土産品を販売。韓国入国時の免税範囲は韓国観光公社・税関ページを参照してください。

国際フェリーターミナルから約1.2km東のショッピングセンターゆめタウン博多には食料品を扱うスーパーマーケットのほか、レストラン、ファストフード店、衣料品店、ドラッグストア、書店、家電店、ATMコーナーなどがあります。JR博多駅の博多駅交通センターから西鉄バス15番「ゆめタウン博多」行きに乗車、バス停「馬出3丁目」または終点で下車。所要15~20分。天神からはバス停「天神郵便局前」から4、21、22、23、26、27番行きに乗って「馬出3丁目」で下車。

レンタルWi-Fi

ターミナル2階の出国前待合スペースに、韓国内向けWi-Fi機器のレンタルコーナーがあります。1階ビートル乗船手続きの順番待ちスペースには、スマホの通信費節約術を紹介する大きなパネルがあります。

1階インフォメーションでは日本国内向けSIMカードを販売。

入浴施設

ベイサイドプレイス博多にある天然温泉施設、波葉の湯は午前9時から営業。博多港国際ターミナルから徒歩約15分、約1,000m。天神ソラリアステージ前から90番、博多駅前Eのりばから99番バスに乗って「博多ふ頭」で下車すぐ。はにーさんの旅日記『’12~13年末年始・対馬韓国の旅PART1』でも紹介しています。

博多駅前のビジネスホテル、八百治博多ホテルにある天然温泉八百治の湯は早朝6:30から営業。午前の部は9:00まで、午後は12:00~24:00まで。入浴施設だけの利用も可能。博多駅から徒歩約5分。

宿泊

最寄りのホテル

博多港国際ターミナル直近のホテルは福岡サンパレスホテル。フェリーターミナルから約800m。

高級ホテル

フェリーターミナルに近いのはホテルオークラ福岡。場所は中州に近い複合施設エリアの博多リバレインの一角。ホテル日航福岡はJR博多駅の博多口(西側)から徒歩約3分。ハイアットリージェンシー福岡は筑紫口(東側)から徒歩約7分。ヒルトン福岡シーホークは博多湾を臨むヤフオクドームのすぐそば。天神周辺からタクシー利用で所要約16分。地下鉄空港線の唐人町駅か西新駅からタクシーで約5分。

経済的なホテル

福岡市内のビジネスホテルは、JR博多駅の周辺と西鉄福岡天神駅の周辺、博多駅から天神の間のエリアに集中。フェリーターミナルに近いのは、福岡国際センターのすぐ南にあるホテル博多プレイスとその東側にある博多マリンホテル

ドミトリー付きゲストハウス

福岡シェアホテルは2段ベッド相部屋とツインルームあり。場所はショッピングセンター「ゆめタウン博多」の近く。フェリーターミナルからタクシーで所要約10分。博多町屋ゲストハウス界音は中洲に近い場所にある、畳部屋が用意されたの和風スタイルなゲストハウス。フェリーターミナル前のバス停「博多港国際ターミナル中央ふ頭」から55、80、151、152番行きバスに乗ってバス停「対馬小路」で下車、徒歩約5分。タビコレは博多駅から南東に徒歩約15分。カオサン福岡は外国のバックパッカー向けゲストハウスの雰囲気が好きな人に。博多駅から南東へ徒歩約10分。

ホテルより安く一晩を過ごせるところ

24時間営業のネットカフェは博多駅周辺と天神周辺に点在。JR博多駅の博多口(西側)のサイバック博多駅前店と筑紫口(東側)のアルファ博多店には背中が伸ばせるフラット席、シャワー室、コインランドリーも。博多駅に最も近いのは、駅に隣接する福岡交通センタービル8階のメディアカフェポパイ博多店。中洲、天神周辺でも多数のネットカフェが営業。

カプセルホテルは博多駅の西側、ホテル日航福岡すぐそばのホテルキャビナス福岡、キャナルシティ博多から約200m東にあるトラストイン博多など。

フェリーターミナルへの交通

博多港国際ターミナルの最寄りのバス停は「博多港国際ターミナル中央ふ頭 」。バスはフェリーターミナルの玄関前から発着します。

国際ターミナルに乗り入れている西鉄バスはnimocaやSuicaなど交通系ICカードに対応。乗車時と降車時にタッチします。現金の場合は、乗車するときに整理券を取るのを忘れないように。

【2016/07/28追記】従来のバスルートに増設する形で、2016年8月8日から博多駅・天神~博多港国際ターミナル間で連節バスの試行運行が始まります。9月中旬からは博多港国際ターミナル~天神~博多駅~博多港国際ターミナル間で両周りの循環運行が予定されています。

JR博多駅

博多駅前のバス停「博多駅センタービル前E乗り場」から西鉄バスの88番・中央埠頭行きが約5~15分間隔(平日11時台は06、24、26、46分発)で出発しています。バス乗り場は駅の博多口(西側)から前の道路を隔てたところにある、福岡センタービル(福岡銀行博多駅前支店)の正面にあるバス停。地下街でも連絡しています。バスは福岡国際会議場とマリンメッセを経由して、終点の「博多港国際ターミナル中央ふ頭」に到着。所要約13~18分、運賃は230円。

博多口から地下街へ
博多口を出たら地下街へ降りましょう。
次に
「西出口11」から地上へ
50mほど歩くと、左側に「西出口11」への階段があります。
次に
バス停「博多駅センタービル前E乗り場」
階段を登たところがバス停「博多駅センタービル前E乗り場」。

フェリーターミナルからは80番・博多駅行き、または11、19、50番行きの博多駅を経由するバスを利用します。約5~10分間隔で運転。

西鉄福岡(天神)駅

バス停「天神ソラリアステージ前」から行先番号80番・中央埠頭行きの西鉄バスが7~15分間隔で出発。福岡国際会議場とマリンメッセを経由して「博多港国際ターミナル中央ふ頭」に到着します。所要約15分、運賃は190円。

フェリーターミナルからは80番・博多駅行き、または55、151、152番行きのバスが天神周辺を経由します。

福岡空港

福岡空港からフェリーターミナルへ行くバス路線はない。地下鉄で博多駅、または天神駅でバスに乗り換える。タクシーだと所要時間は約15分、料金は2,500円前後。

福岡空港駅
のりかえ (地下鉄 空港線)
地下鉄 博多駅
博多駅センタービルE乗り場
のりかえ (西鉄バス 88番・中央埠頭行き)
博多港国際ターミナル中央ふ頭

所要約40分 運賃¥260+¥230

または

福岡空港駅
のりかえ (地下鉄 空港線)
地下鉄 天神駅
天神ソラリアステージ前
のりかえ (西鉄バス 80番・中央埠頭行き)
博多港国際ターミナル中央ふ頭

所要約40分 運賃¥260+¥190

JR小倉駅

JR小倉駅前から天神バスセンターへ西日本鉄道の高速バスが5~15分間隔で出発。所要時間は約1時間20分、運賃は1,130円。高速バスの終点「西鉄天神バスセンター」の建物を出て、大通りを約50m北上したところに国際ターミナル行きのバス停「天神ソラリアステージ前」があります。

JRを使うルートでは、JR鹿児島本線の快速列車に乗って博多駅まで所要約1時間15分、運賃は1,290円。特急列車利用で所要約45~60分、運賃+自由席特急料金は1,800円。運賃+指定席特急料金は通常2,310円、九州ネットきっぷ料金で1,440円。割引きっぷ「2枚きっぷ(自由席)」を使うと、1枚あたり1,440円。

最速は新幹線。博多駅までの所要時間は16~20分、運賃+自由席利用で2,110円。

新門司港

北九州市の新門司港には関西と東京、徳島からの夜行フェリーが発着していて、各フェリー会社の連絡バス、送迎タクシーがJR門司駅または小倉駅まで運行されています。連絡バスの所要時間は門司駅まで20分程度、小倉駅まで40分程度。門司駅から博多駅まで快速列車で所要約1時間20分、運賃は1,470円。

大阪

便利なのは新幹線。JR新大阪駅から博多まで「のぞみ」で所要約2時間30分、運賃+指定席利用で15,310円。「ひかり」で所要約2時間45分、運賃+指定席利用で15,000円。関西エリア出発限定の旅行商品「バリ得ひかり・こだま」は新大阪発7,700円。

大阪・神戸から新門司港まで夜行フェリーを使っても移動できます。大阪南港から名門大洋フェリー、泉大津港と神戸六甲アイランドから阪九フェリーが夕方~夜間に出発して早朝~朝に新門司港に到着。フェリーの所要時間は約12時間30分、運賃は2等船室6,580円から。ネット予約2割引で2等が5,264円。名門大洋フェリーは早期予約で3割引、4割引になるプランもあり。阪九フェリー系列のヴィーナストラベルの旅行商品「北九州エコノミーきっぷ」(関西出発限定)は2等往復7,400円から。

夜行バスはフェリーより夜遅い時間に出発できるのが特長。阪急バスと西鉄高速バスのムーンライト号が京都駅八条口(20:35発)から大阪の阪急三番街バスターミナル(22:10発)、神戸三宮(23:35発)、博多バスターミナル(8:10着)を経由して西鉄天神バスセンター(8:20着)へ。運賃は運行日変動制で最安8,300円(神戸)、8,800円(大阪)、9,300円(京都)から。料金が最安なのは高速ツアーバス。標準料金は5,500円程度。早朝6時に博多駅周辺に到着するバス便もあります。

東京

羽田空港から福岡空港まで約2時間。福岡空港到着からフェリーターミナルまでの所要時間はタクシー利用で約1時間、地下鉄利用で約1時間半。

新幹線は最速の「のぞみ」で博多駅まで所要4時間55分。運賃+指定席利用で22,950円。

西鉄高速バスのはかた号が新宿駅西口(21時発)から天神バスセンター(11:02着)、博多バスターミナル(11:17着)へ。運賃は運航日により変動、座席クラスによって7,000~20,000円。

オーシャン東九フェリーが東京港から新門司港まで就航。19:30頃に出発して3日目の早朝に新門司港へ到着。2等船室14,880円から。

(時刻、料金などは2015年10月現在)

博多港国際ターミナル
博多港国際ターミナル

(写真提供: はにー さん)

2015年9月現在

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする