福州・馬尾港

地図アイコンについて: 1 福州港馬尾旅客ターミナル(福州港馬尾客運站) 2 バス停「福州港客運站」 3 バス停「紅山新村站」 4 仁徳バスターミナル(仁徳公交站) 5 福州南バスターミナル(福州汽车南站) 6 福州駅 7 福州南駅
地図上のデータをkmzファイルで保存

福州港馬尾旅客ターミナル(福州港马尾客运站/Fúzhōu Mǎwěi kèyùnzhàn/Fuzhou Port Mawei Station)は台湾・南竿島の福澳港とを結ぶ馬祖小三通航路が発着するフェリーターミナルです。福州中心部の仁徳バスターミナルから路線バスで約1時間。直通バスも運転されています。

福州港馬尾旅客ターミナルの設備について

  • 乗船券はフェリーターミナル内の旅行会社3社の窓口で発売。どこで買っても価格は同じ。
  • 免税店あり。
  • 仁徳公交站からの直通バス7:30発は乗船手続き締切直前にフェリーターミナルに到着。大急ぎで出国手続き、乗船に進むのでターミナル内の施設を利用する余裕はない。
  • 高速船は出入国手続きをする建物から270mほど北側にある浮桟橋に接岸。長い長い通路を歩いてたどり着く。動く歩道あり。
福州港馬尾旅客ターミナル(福州港馬尾客運站)
福州港馬尾旅客ターミナル(福州港馬尾客運站)

(旅行情報&写真提供: RitaRiyanto さん 2015年1月に利用)

旅の準備に

フェリーターミナルへ直通するバスの所要時間は1時間強。現行ダイヤ(福州港馬尾9:15発)では乗船手続きの締切時間ギリギリに到着します。タクシー利用ならともかく、福州市中心部からバスで移動するのは時間的に厳しい。もしフェリーターミナルに36路以外のバスでアクセスするつもりなら、福州市馬尾区の繁華街での前泊をお勧めします。

宿泊・両替・食料品、旅行用品の購入

馬尾区の繁華街はフェリーターミナルから直線距離で約3km。商店や飲食店は公共バス「両馬航線」や73路(詳細は後述)のバス停「青洲站」から「君竹環島(君竹环岛)站」あたりに多く、とくにホテルは港口路周辺に多く立地しています。

福州港馬尾旅客ターミナルへの交通

福州市中心部(五一広場周辺)からフェリーターミナルへ行くバスルートは2本

仁徳バスターミナル(仁徳公交站)からフェリーターミナル前(バス停「福州港客運站」)へ直通する路線バス“両馬航線(两马航线)”が出発。発車時刻は仁徳公交站から7:15、7:30、10:15、12:45、14:30。福州港客運站から9:10、11:50、14:30、16:00、16:30。所要約1時間、運賃1元。

公共バス73路は両馬航線と同じルートを走るが途中のバス停「馬尾中鋼(马尾中钢)」が終点。73快線も途中の「福州保税区」が終点。「馬尾中鋼」からフェリーターミナルまで約2km、「福州保税区」から約1km離れています。バイクタクシーを見つけるのが難しい場合もあるので要注意。

もう一つのルート。福州港馬尾客運站から北西に約800m離れた国道沿いにバス停「紅山新村站(红山新村站/hóng shān xīn cūn zhàn)」があります。フェリーターミナルから運河に架かる橋を渡って国道へ出たところ。仁徳バスターミナルとを結ぶ公共バス36路と馬尾区中心街からの116路、180路が停車。36路は初発が5時(冬期5時半)と早く10~15分間隔で運転されるので、荷物が少なければ利用価値があります。36路は距離制運賃。下車するバス停名の発音を覚えておくか車掌にメモを見せると運賃の支払いもスムーズに。

 

仁徳公交站バスターミナルは市内路線バスの専用ターミナルで、長距離バスは発着していません。下の写真のように、大きな看板あり。

仁徳公交站

港へ直行するバスは1日に5本しかありません。馬尾港から馬祖行きの船は、現在のところ1日に1便しかなく、09:15の出発なので、仁徳公交站を07:15か07:30に出発するバスに乗る必要があります。

この仁徳公交站、プラットホームが多数あり、福州港方面の3路線が同じホームから発車するように表示されています。プラットホーム上にも同じように表示されているのですが、実際の運用はデタラメで、右側の新国線という場所から発車したり、仁徳路の路上から発車したりします。

仁徳公交站のプラットホーム

その上、港へ直行する「両馬航線」バスにはその表示が無く、73路の表示のままで運行されています。私は06:30頃には仁徳公交站に着いていたのに、07:15発の港直行バスを見つける事ができませんでした。落ち着いて次の07:30発の港直行を待てば良かったのでしょうが、その時は焦ってしまい、次にやって来た73路のバスに飛び乗りました。

これは失敗でした。馬尾って遠いです。公交仁徳站を07:20に出発して、73路終点の馬尾中鋼に着いたのが08:25、所要1時間5分です。バスは馬尾区の繁華街をぐるっと回るので、余計に時間が掛かります。そして、馬尾中鋼で降りてびっくり。そこは工場が立ち並ぶ所で、単にバスの終点になっているだけで、全く人気(ひとけ)無し。タクシーもバイタクもいません。

港は2km離れた所。船の出港は09:15で、既に08:25。港に向って歩き出したものの、完全に乗り遅れを覚悟しました。その時、たまたま流しのバイタクが通ったので、それで救われました。そして、バイタクで港に着いた時、仁徳公交站を07:30に発った直行バスが到着するという皮肉ぶりでした。

旅行情報&写真提供: RitaRiyanto さん(2015年1月に利用)

福州市馬尾区の中心街

路線バス「両馬航線」が逆コの字型のルートで馬尾区の繁華街を走っていますが、運転本数が少ないのでフェリーターミナルへ向かうときは116路または180路かタクシー利用が現実的。ホテルや飲食店などが多く集まるエリアは両馬航線または73路のバス停「青洲站」から「君竹環島(君竹环岛)站」のあたり。

福州駅、福州北バスターミナル

馬尾区中心街のバス停で福州駅、福州北バスターミナル(福州汽车北站)を結ぶ公共バス178路から両馬航線に乗りかえる。乗りかえバス停は馬尾区委站、沿山市場站、君竹環島站のいずれかで。178路は福州駅北側のバス停「火車站北広場(火车站北广场)」から出発、福州北バスターミナル最寄りのバス停「火车站」を通って馬尾区へ。馬尾区からは、バスターミナル最寄りのバス停「閩運汽車北站(闽运汽车北站)」を通って鉄道駅最寄りの「火車站」、終点「火車站北広場」へ。178路は所要約1時間10分、運賃2元、15~40分間隔で運転。

もう一つの方法は公共バス178路から36路に乗りかえること。乗りかえバス停は「下院站」から「快安站」までのいずれかで。どちらのルートも鉄道駅からフェリーターミナルに向かう場合、初発バス7:00に乗っても9時15分発の乗船は厳しいと思います。タクシー利用が無難。

高速鉄道・福州南駅

馬尾区中心街のバス停「沿山市場站」で福州南駅とを結ぶ公共バス140路から両馬航線または116路、180路に乗りかえる。140路は所要45分程度、運賃1元、30~45分間隔で運転。

福州南バスターミナル

福州南バスターミナル(福州汽车南站)から約100m西にあるバス停「安淡站」から37路のバスに乗って、馬尾区中心街のバス停「馬尾区委站」、「沿山市場站」、「君竹環島站」のいずれかで両馬航線または116路、180路に乗りかえる。フェリーターミナルからは逆のコースで。37路は所要1時間程度、運賃1元、7~15分間隔で運転。

福州長楽国際空港

空港ターミナルと連江閩運バスターミナル(连江闽运车站)を結ぶ空港連絡バスの連江専線(连江专线)が馬尾区の繁華街(バス停「君竹路」「君竹環島站」)を経由する。バスは約1時間毎に発車。

温州・泉州・廈門

福州駅または福州南駅から各都市へ高速列車が多数出発。福州駅近くの福州北バスターミナルと福州南バスターミナルからも長距離バスが出ています。

謝辞: このページは、RitaRiyanto さんの取材情報を基に作成しました。

(2015年5月更新)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする