HOME 日本-韓国航路 日本-中国航路 日本-ロシア航路 韓国-中国航路 台湾-中国航路 English

『ニュースと更新情報』アーカイブ 2013年版

トップページに掲載した「ニュースと更新情報」の2013年分の更新記事です。現在の運航案内と異なる内容や、リンク切れの記事を含みますのでご留意ください。

ニュースと更新情報(2013年更新分)

関釜フェリー 冬休みも「青春18きっぷ」2等運賃半額キャンペーン実施

関釜フェリーは『2013年~2014年 冬“青春18きっぷ旅”大応援キャンペーン』として、最大で50%を割り引くキャンペーンを実施すると発表しました。

対象はこの冬の「青春18きっぷ」利用期間中(12月10日~2014年1月10日)に下関港を出発する片道、または往復利用。2等船室は片道4,500円、往復9,000円に。上等船室は片道あたりそれぞれ4,500円を該当運賃から割引く(燃油サーチャージ、ターミナル使用料は別途必要)。電話予約の際にキャンペーン利用を伝えて、乗船手続きで今冬に有効な「青春18きっぷ」を提示、下関港までの往復の旅程を記入したアンケート(キャンペーン申込書)をプリントアウトして記入、提出すること。18きっぷを持つ代表者を含めて5名までを割引き。復路(釜山発)は1月20日出発便までが対象。12月30日~1月2日は運休。

「青春18きっぷ」はJR各社が発売する1枚11,500円のトクトクきっぷ。1枚で期間中のうち5日間、普通列車または快速列車の普通車自由席に乗り放題。5人が同一行動で利用することもできます。

  • 船名:はまゆう(関釜フェリー)、ソンヒ Seong Hee(釜関フェリー)
  • 運航会社: 関釜フェリー 釜関フェリー(日本語)
  • 運賃・料金など: 運賃表
  • 予約・問い合わせ: 割引キャンペーンは 電話083-224-3000で受付

(2013.11.23)

関釜フェリー 12/1新ダイヤを再改定、乗船手続き時間は現行通りに

関釜フェリー(下関-釜山、はまゆう・ソンヒ号)は、12月1日から予定していた下関出発便の出港時間と乗船手続き時間等の繰り下げについて、当面の間は各種乗船手続き時間を現在の時間帯のまま継続すると発表しました。出港時間は当初予定の21時発となりますが、利用者にとっては乗船手続きの段取りは従来通り18時締切り、ということになりました。

(2013.11.22)

ウィラートラベル社の特別キャンペーン カメリアライン2等運賃が半額に

旅行代理店のウィラートラベル社が同社の「会員200万人突破記念キャンペーン」として、カメリアライン(博多-釜山)の大人2等運賃が半額になる特別キャンペーンを実施しています。12月20日までの平日限定で片道4,500円、往復9,000円。

その他のキャンペーンとして、カメリアライン3割引、パンスタークルーズ(大阪-釜山)5割引、関釜フェリー(下関-釜山)が3割引になる手配旅行商品を発売中。

(2013.11.19)

稚内-サハリン航路 2014年度は6/2~9/24に28往復運航

ハートランドフェリー(アインス宗谷、稚内-ロシア・コルサコフ)が2014年度の運航スケジュールを発表しました。概ね週2往復の運航で、稚内発は月・水曜日、コルサコフ発火・木曜日に出発。

(2013.11.19)

大亜高速海運ドリーム号、年内いっぱい運休

大亜高速海運の高速船ドリーム号(博多-釜山)について運航会社に問い合わせたところ、少なくとも12月末までは運航を休止する見込みということでした。

9月に発生したエンジントラブルや10月の障害物巻き込み事故などを受けて、韓国当局は運航便の縮小と安全基準の改善命令を発動。ドリーム号は10月中旬から運休状態が続いています。

(2013.11.7)

博多・下関-釜山航路の割引キャンペーンまとめ(11/7)

最安価格帯はJR九州高速船の『直前割』往復8,000円。カメリアラインと関釜フェリーは期間限定キャンペーンの適用で大人片道運賃が半額の4,500円に。

JR九州高速船(ビートル)・未来高速(コビー)

  • 通常運賃の割引設定: 往復割引24,000円(ピーク期を除く)と平日往復割引20,000円。通常運賃は片道13,000円、往復26,000円。運賃ページ参照。
  • 超ビートルスペシャル: 往復8,000円(直前割)~13,000(週末割)。最長2泊3日まで。発着日、利用便、席数限定。対象便は適宜発表されるので要チェック。
  • ビートル早割60: 平日往復10,000円、週末往復15,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発60日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
  • ビートル早割30: 平日往復15,000円、週末往復18,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発30日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
  • Bかめチケット: 往路は博多港から「ビートル」「コビー」で出発、復路は釜山港から出発同日の「ニューかめりあ」夜行便を利用。釜山滞在は約7時間。料金9,900円。日~木曜日出発。利用制限日あり。予約は乗船3日前まで。
  • 年齢別割引き: 出発時の年齢が満23歳までの人が対象のアンダー23と満65歳以上が対象のグランド65。平日往復15,000円、週末往復20,000円。利用制限日あり。出発前日まで電話予約センターで受付、決済はチェックインカウンターで。
  • 平日レディース往復割引: 同一行動の女性2人以上のグループに適用。博多港発土曜日、釜山港発日曜日と一部の日は利用不可。往路13,000円、復路2,000円。出発前日までに電話で予約すること。
  • 4MYクーポン: 40,000円。片道4回分の記名式クーポン。利用制限日なし。有効期間は決済日から180日間。事前予約が必要。電話予約またはオンライン予約で受付。
  • コリアレール&ビートルパス: 5日間用28,000円、7日間用31,000円。韓国鉄道公社(KORAIL)が発売する外国人向けフリーパスとビートル往復乗船券の組み合わせ。利用制限日なし。一部の観光列車やソウル首都圏の電車区間は利用不可。
  • JR九州高速船 公式サイト

カメリアライン(ニューかめりあ)

  • 通常の往復運賃は復路分が片道運賃の1割引。運賃ページ参照。
  • 11月限定「何でも割引券キャンペーン」
    商品やサービスのクーポン、割引券を提示すると2等大人片道運賃が割引金額や割引率に応じて最大5割引、または4,500円を割り引く。博多港発の片道、または往復の利用に適用。
  • 12月限定「韓国ハグの日キャンペーン」
    博多港から夫婦やカップル2人が2等船室で往復する場合、1人分の往復運賃が無料に。
  • 2014年1月限定「誰でも半額!お年玉キャンペーン」
    電話予約の際にキャンペーンの告知画面を見たことを伝えると、大人2等片道運賃が半額に。
  • 「お誕生月半額割引」: 14日以内の往復利用で誕生月に博多港から出発する場合、運賃を半額に割引。復路利用日変更不可。
    「ご夫婦合わせて120歳割引」: 2人の年齢合わせて120歳以上の夫婦が対象。往復1人あたりの運賃は特等18,000円、1等14,000円、2等12,000円。
    いずれも利用前に電話予約が必要。詳細は”ニューかめりあ”割引特典を参照してください。
  • 体験日記☆特別運賃: 2等往復5,000円(博多港発)。旅行後に乗船体験記をブログやSNSにエントリーすることが条件。1日先着1組限定。
  • カメリアライン 公式サイト カメリアライン公式Facebook プロモーション運賃、プレゼントキャンペーンの利用は電話予約(092-262-2323)が必要。

関釜フェリー

  • 通常の往復割引は復路分が片道運賃の1割引。学割は1等・2等運賃の2割引。割引運賃ページ参照。
  • 夜景サミット割引: 下関港出発の2等運賃が半額の片道4,500円に、往復は片道2回分として9,000円に割引。1等片道は8,000円、特等片道は13,500円に。利用期間は10月1日~11月30日下関港出発便(復路釜山発12月1日)まで。事前の電話予約が必要。
  • 韓国サイクリングモニター: 自転車持参で利用する場合、2等片道運賃または往復運賃が片道あたり半額の4,500円に。その他の等級は正規料金から4,500円を割引く。ただし乗船後に『関釜フェリーで行く韓国自転車の旅』をテーマにブログやSNSにエントリー、または感想をメールで関釜フェリーに送信することが条件。事前の電話予約が必要。旅客運賃の他に自転車受託手荷物代金(下関発1,000円、釜山発10,000ウォン)が必要。適用期間は2014年9月30日まで。
  • 山口県、福岡県に住所または本籍持つ人を対象にしたJimo-Ca(ジモカ)カード会員向けの割引。2等運賃が割引後片道あたり5,400円に。利用制限日あり。
  • 関釜フェリー 公式サイト

(2013.11.7)

下関-韓国・済州島を結ぶ新航路、来年6月に開設の見込み

下関市は、韓国の東勝(ドンスン)社が構想している日本と済州島を結ぶフェリー航路の開設計画について、日本側の発着港が下関港の長州出島に決定したと発表しました。

報道記事や下関市の発表資料によると、新航路構想はドンスン社が韓国済州道に運航会社を設立して、済州島を拠点に下関と上海へフェリー航路を開設する計画。下関-済州島-上海を800人乗り3万トン級のフェリーで週1~2便、運航開始予定は2014年6月下旬を予定。

下関側の寄港地は従来の国際フェリーが発着する関門海峡の下関港国際ターミナルではなく、響灘に整備した人工島の「長州出島」を選定。下関市は就航に向けてターミナル施設や長州出島からの交通手段を整備するとしています。

(2013.10.22)

関釜フェリー 12/1から下関出港時間を2時間繰り下げて21時発に

関釜フェリー(下関-釜山、はまゆう・ソンヒ号)は、12月1日から下関出発便の出港時間を21時発とするダイヤ改正を発表した、と毎日.jpが報じました。釜山港にはこれまで通り午前8時に到着。

記事では『日中の仕事が終わってからフェリーを利用できるなど乗客の利便性を高めたという。』ということで、現行18時締切の乗船手続き時間も相応に繰り下げられそうです。

【追記】下関市の発表資料によると、12/1以降の乗船手続き時間は13:00~20:00、乗船締切20:30、出港時間21:00。(2013.10.22)

(2013.10.19)

博多・下関-釜山航路の割引キャンペーンまとめ(9/14)

最安価格は大亜高速海運の『ホームページオープン記念』。平日往復2,900、週末3,900から。関釜フェリーは「第4回全国工場夜景サミットin北九州」の開催企画として、10月1日から11末日まで2等旅客運賃が半額4,500円になる『夜景サミット割引』を実施。上級船室も片道あたり4,500円分が割引に。

カメリアラインの月替わり割引、11月分は『何でも割引券キャンペーン』として、持参した割引券の割引率や割引額に応じて2等大人片道運賃を最大5割引、または4,500円までを割り引く。モバイルクーポン以外のどんな割引券でも使用できるので、最大額が割引される「50%オフ」または「4,500円引き」の割引券を提出するとお得です。

JR九州高速船(ビートル)・未来高速(コビー)

  • 通常運賃の割引設定: 往復割引24,000円(ピーク期を除く)と平日往復割引20,000円。通常運賃は片道13,000円、往復26,000円。運賃ページ参照。
    • 超ビートルスペシャル: 往復8,000円。最長5泊6日まで。発着日、利用便、席数限定。対象便は適宜発表されるので要チェック。
    • ビートル早割60: 平日往復10,000円、週末往復15,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発60日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
    • ビートル早割30: 平日往復15,000円、週末往復18,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発30日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
    • Bかめチケット: 往路は博多港から「ビートル」「コビー」で出発、復路は釜山港から出発同日の「ニューかめりあ」夜行便を利用。釜山滞在は約7時間。料金9,900円。日~木曜日出発。利用制限日あり。予約は乗船3日前まで。
    • 年齢別割引き: 出発時の年齢が満23歳までの人が対象のアンダー23と満65歳以上が対象のグランド65。平日往復15,000円、週末往復20,000円。利用制限日あり。出発前日まで電話予約センターで受付、決済はチェックインカウンターで。
    • 平日レディース往復割引: 同一行動の女性2人以上のグループに適用。博多港発土曜日、釜山港発日曜日と一部の日は利用不可。往路13,000円、復路2,000円。出発前日までに電話で予約すること。
    • 4MYクーポン: 40,000円。片道4回分の記名式クーポン。利用制限日なし。有効期間は決済日から180日間。事前予約が必要。電話予約またはオンライン予約で受付。
    • コリアレール&ビートルパス: 5日間用28,000円、7日間用31,000円。韓国鉄道公社(KORAIL)が発売する外国人向けフリーパスとビートル往復乗船券の組み合わせ。利用制限日なし。一部の観光列車やソウル首都圏の電車区間は利用不可。
    • JR九州高速船 公式サイト

    カメリアライン(ニューかめりあ)

    大亜高速海運(ドリーム号)

    関釜フェリー

    • 通常の往復割引は復路分が片道運賃の1割引。学割は1等・2等運賃の2割引。割引運賃ページ参照。
    • 夜景サミット割引: 下関港出発の2等運賃が半額の片道4,500円に、往復は片道2回分として9,000円に割引。1等片道は8,000円、特等片道は13,500円に。利用期間は10月1日~11月30日下関港出発便(復路釜山発12月1日)まで。10月26日出発便は対象外。事前の電話予約が必要。
    • 韓国サイクリングモニター: 自転車持参で利用する場合、2等片道運賃または往復運賃が片道あたり半額の4,500円に。その他の等級は正規料金から4,500円を割引く。ただし乗船後に『関釜フェリーで行く韓国自転車の旅』をテーマにブログやSNSにエントリー、または感想をメールで関釜フェリーに送信することが条件。事前の電話予約が必要。旅客運賃の他に自転車受託手荷物代金(下関発1,000円、釜山発10,000ウォン)が必要。適用期間は2014年9月30日まで。
    • 山口県、福岡県に住所または本籍持つ人を対象にしたJimo-Ca(ジモカ)カード会員向けの割引。2等運賃が割引後片道あたり5,400円に。利用制限日あり。
    • 関釜フェリー 公式サイト

    (2013.9.14)

    はにーさんの旅日記「’12~13年末年始・対馬韓国の旅」続編PART4を掲載

    はにーさんの旅日記の続編「PART4 『一人乗りの自転車』 … ケッタで厳原激走8.5km編」を掲載しました。今回は厳原港近くの史跡、名刹を自転車でめぐります。厳原港周辺の観光スポット案内としてもお楽しみいただけると思います。どうぞご覧ください!

    (2013.8.13)

    博多・下関-釜山航路の割引キャンペーンまとめ(7/5)

    夏休み期間中の割引キャンペーンが発表されました。最安価格は大亜高速海運の『ホームページオープン記念』往復3,900円(7月)。8月分の大亜高速海運「記念運賃」、JR九州高速船「直前割」は近日中に発表されると思います。

    ユニークな割引キャンペーンを展開するカメリアラインの月例割引、7月はパスポート名前欄に「NA NA」が含まれる人の2等運賃が無料に!8月は留学生の帰省に嬉しい『留学生応援キャンペーン』、2等往復が9,000円に。10月は、福岡ソフトバンクホークスのグッズを身につけていると2等往復が9,000円になるキャンペーンを実施。ちなみに、ホークスグッズは博多駅の東急ハンズでも販売しています。休業日に注意のこと。

    2等運賃が半額になる関釜フェリーの18きっぷ大応援キャンペーン、春休みに続いて夏休み期間中も実施。下関港出発7/10~9/10まで。

    いずれの割引キャンペーンも燃油サーチャージ、ターミナル施設利用料金等は別途必要です。

    JR九州高速船(ビートル)・未来高速(コビー)

  • 通常運賃の割引設定: 往復割引24,000円(ピーク期を除く)と平日往復割引20,000円。通常運賃は片道13,000円、往復26,000円。運賃ページ参照。
    • 直前割: 往復7,000円。博多港7/9~11出発、釜山港7/11~14出発。最長3泊4日までの往復旅行に適用。
    • 超ビートルスペシャル(夏休み前特別版): 往復8,000~10,000円。最長2泊3日まで。発着日、利用便、席数限定
    • ビートル早割60: 平日往復10,000円、週末往復15,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発60日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
    • ビートル早割30: 平日往復15,000円、週末往復18,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発30日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
    • Bかめチケット: 往路は博多港から「ビートル」「コビー」で出発、復路は釜山港から出発同日の「ニューかめりあ」夜行便を利用。釜山滞在は約7時間。料金9,900円。日~木曜日出発。利用制限日あり。予約は乗船3日前まで。
    • 年齢別割引き: 出発時の年齢が満23歳までの人が対象のアンダー23と満65歳以上が対象のグランド65。平日往復15,000円、週末往復20,000円。利用制限日あり。出発前日まで電話予約センターで受付、決済はチェックインカウンターで。
    • 平日レディース往復割引: 同一行動の女性2人以上のグループに適用。博多港発土曜日、釜山港発日曜日と一部の日は利用不可。往路13,000円、復路2,000円。出発前日までに電話で予約すること。
    • 4MYクーポン: 40,000円。片道4回分の記名式クーポン。利用制限日なし。有効期間は決済日から180日間。事前予約が必要。電話予約またはオンライン予約で受付。
    • コリアレール&ビートルパス: 5日間用28,000円、7日間用31,000円。韓国鉄道公社(KORAIL)が発売する外国人向けフリーパスとビートル往復乗船券の組み合わせ。利用制限日なし。一部の観光列車やソウル首都圏の電車区間は利用不可。
    • JR九州高速船 公式サイト

    カメリアライン(ニューかめりあ)

    大亜高速海運(ドリーム号)

    関釜フェリー

    • 通常の往復割引は復路分が片道運賃の1割引。学割は1等・2等運賃の2割引。割引運賃ページ参照。
    • 青春18きっぷ旅大応援キャンペーン: JRの「青春18きっぷ」を提示すると下関港出発の2等片道運賃または往復運賃が片道あたり半額の4,500円に。その他の等級は正規料金から4,500円の割引に。利用期間は7月20日~9月10日下関港出発便(復路釜山発9月20日)まで。きっぷ1枚の提示につき5名までを割引。事前の電話予約が必要。適用除外日あり。
    • 韓国サイクリングモニター: 自転車持参で利用する場合、2等片道運賃または往復運賃が片道あたり半額の4,500円に。その他の等級は正規料金から4,500円を割引く。ただし乗船後に『関釜フェリーで行く韓国自転車の旅』をテーマにブログやSNSにエントリー、または感想をメールで関釜フェリーに送信することが条件。事前の電話予約が必要。旅客運賃の他に自転車受託手荷物代金(下関発1,000円、釜山発10,000ウォン)が必要。適用期間は2014年9月30日まで。
    • 山口県、福岡県に住所または本籍持つ人を対象にしたJimo-Ca(ジモカ)カード会員向けの割引。2等運賃が割引後片道あたり5,400円に。利用制限日あり。
    • 関釜フェリー 公式サイト

    (2013.7.5)

    関釜フェリー、「青春18きっぷ」の提示で2等運賃半額キャンペーン

    関釜フェリーは『2013年夏休み“青春18きっぷ旅”大応援キャンペーン』として、今春に続いて夏休み期間も半額割引キャンペーンを実施すると発表しました。

    対象は「青春18きっぷ」利用期間中(7月20日~9月10日)に下関港を出発する片道、または往復利用。2等船室は片道あたり半額の4,500円に、上等船室は片道あたり4,500円を該当運賃から割引く(燃油サーチャージ、ターミナル使用料は別途必要)。適用条件は電話予約の際にキャンペーン利用を伝えて、乗船手続きで「青春18きっぷ」を提示、下関港までの往復の旅程を記入したアンケート(キャンペーン申込書)を提出すること。18きっぷを持つ代表者を含めて5名までを割引き。復路(釜山発)は9月20日出発便までが対象。お盆期間中に一部割引適用除外日あり。

    「青春18きっぷ」はJR各社が発売する1枚11,500円のトクトクきっぷ。1枚で期間中のうち5日間、普通列車または快速列車の普通車自由席に乗り放題。5人が同一行動で利用することもできます。

    • 船名:はまゆう(関釜フェリー)、ソンヒ Seong Hee(釜関フェリー)
    • 運航会社: 関釜フェリー 釜関フェリー(日本語)
    • 運賃・料金など: 運賃表
    • 予約・問い合わせ: 割引キャンペーンは 電話083-224-3000で受付

    (2013.6.14)

    パンスター、週末3連休前の金曜日出港時間を変更へ

    パンスタードリーム号(大阪-釜山)を運航するパンスターは、土~月曜日が3連休になる前日の金曜日について、7月から大阪港出港時間を2時間遅らせて17時とするダイヤを発表しました。

    公式サイトによると、出港時間を変更するのは7/12、9/13、9/20、10/11に出発する便。16時までに乗船手続、17時に大阪南港を出て釜山港到着は翌日12時。

    (2013.6.8)

    チャイナエクスプレスラインが破産

    新聞各社の報道によると、燕京号(神戸-中国・天津)を運航していたチャイナエクスプレスラインは、神戸地裁から5月7日付で破産手続きの開始決定を受けて倒産した、と伝えられました。負債総額は約3億7500万円。

    燕京号は神戸市・天津市の友好都市記念プロジェクトとして1990年3月に就航。首都北京の外港である天津港と日本を結ぶ唯一の定期フェリー航路として運航されてきましたが、燃料費高騰を受けてからは船足を落として所要時間が船内2泊から3泊に。代わりに山東省石島港に寄港するなど模索を続けたものの、円高や震災などの影響により昨年7月に休航。8月に運航終了を発表していました。

    • チャイナエクスプレスライン公式ブログ: 燕京号動静

    (2013.5.22)

    阪九フェリーのポイントカード提示で関釜フェリー2等運賃が40%割引に

    関釜フェリーは、阪九フェリーが運営するポイント会員制度のポイントカード(マリンメイトクラブ会員証)を提示することで、関釜フェリーの2等運賃を40%割り引くキャンペーンを開始しました。

    対象は下関発、または下関港の発券窓口で購入した釜山発の2等旅客運賃。期間は5月10日から2014年3月31日乗船分まで(適用除外日あり)。割引後の運賃は大人片道あたり5,400円。小人2,700円。他に燃油サーチャージ、港湾施設使用料が必要。

    阪九フェリーの「マリンメイトクラブ」は入会時に入会金2,000円が必要。有効期間は最終乗船日から1年間。関釜フェリーと阪九フェリーは、新日本海フェリーなど関係会社と並んでSHKライングループを構成。阪九フェリーでも同様に、関釜フェリーのJimo-Caカード提示で阪九フェリーの運賃を25%割り引くキャンペーンを実施しています。

    (2013.5.20)

    はにーさんの旅日記「’12~13年末年始・対馬韓国の旅」続編PART3を掲載

    はにーさんの旅日記の続編『PART3 『7時12分の返却』 … レンタカーで対馬激走311km後編』を掲載しました。どうぞお楽しみください。

    (2013.4.23)

    博多・下関-釜山航路の割引キャンペーンまとめ(4/20)

    ゴールデンウィークの序盤と終盤の2日間は大亜高速海運『GW特別料金』往復7,000円が最安。JR九州高速船は期間中盤に『超ビートルスペシャル』往復10,000円を設定。

    GW以降は大亜高速海運のキャンペーンが最安2,900円から。カメリアラインは同姓の親子について、親1人につき子1人の2等往復運賃が無料に(5月限定)、7月にちなんで姓名に“NA”を2回含む人は2等往復運賃が無料に(7月限定)なるキャンペーンを実施。

    いずれの割引キャンペーンも燃油サーチャージ、ターミナル施設利用料金等は別途必要です。

    JR九州高速船(ビートル)・未来高速(コビー)

  • 通常運賃の割引設定: 往復割引24,000円(ピーク期を除く)と平日往復割引20,000円。通常運賃は片道13,000円、往復26,000円。運賃ページ参照。
    • ゴーゴー割釜山: 往復5,000円。博多港-午後出発便、釜山港-午前出発便利用。出発日、席数限定。出発3時間前までにオンライン予約と決済をすませること。
    • 超ビートルスペシャル: 往復10,000円。博多港-午前出発便、釜山港-午後出発便利用。出発日限定。出発3時間前までにオンライン予約と決済をすませること。
    • ビートル早割60: 平日往復10,000円、週末往復15,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発60日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
    • ビートル早割30: 平日往復15,000円、週末往復18,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発30日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
    • Bかめチケット: 往路は博多港から「ビートル」「コビー」で出発、復路は釜山港から出発同日の「ニューかめりあ」夜行便を利用。釜山滞在は約7時間。料金9,900円。日~木曜日出発。利用制限日あり。予約は乗船3日前まで。
    • 年齢別割引き: 出発時の年齢が満23歳までの人が対象のアンダー23と満65歳以上が対象のグランド65。平日往復15,000円、週末往復20,000円。利用制限日あり。出発前日まで電話予約センターで受付、決済はチェックインカウンターで。
    • 平日レディース往復割引: 同一行動の女性2人以上のグループに適用。博多港発土曜日、釜山港発日曜日と一部の日は利用不可。往路13,000円、復路2,000円。出発前日までに電話で予約すること。
    • 4MYクーポン: 40,000円。片道4回分の記名式クーポン。利用制限日なし。有効期間は決済日から180日間。事前予約が必要。電話予約またはオンライン予約で受付。
    • コリアレール&ビートルパス: 5日間用28,000円、7日間用31,000円。韓国鉄道公社(KORAIL)が発売する外国人向けフリーパスとビートル往復乗船券の組み合わせ。利用制限日なし。一部の観光列車やソウル首都圏の電車区間は利用不可。
    • JR九州高速船 公式サイト

    カメリアライン(ニューかめりあ)

    大亜高速海運(ドリーム号)

    関釜フェリー

    • 通常の往復割引は復路分が片道運賃の1割引。学割は1等・2等運賃の2割引。割引運賃ページ参照。
    • 韓国サイクリングモニター: 自転車持参で利用する場合、2等片道運賃または往復運賃が片道あたり半額の4,500円に。その他の等級は正規料金から4,500円を割引く。ただし乗船後に『関釜フェリーで行く韓国自転車の旅』をテーマにブログやSNSにエントリー、または感想をメールで関釜フェリーに送信することが条件。事前の電話予約が必要。旅客運賃の他に自転車受託手荷物代金(下関発1,000円、釜山発10,000ウォン)が必要。適用期間は2014年9月30日まで。
    • 山口県、福岡県に住所または本籍持つ人を対象にしたJimo-Ca(ジモカ)カード会員向けの割引。2等運賃が割引後片道あたり5,400円に。利用制限日あり。
    • 関釜フェリー 公式サイト

    (2013.4.20)

    博多・下関-釜山航路の割引キャンペーンまとめ(3/7)

    春休みの割引キャンペーンが出揃いました。最安料金は大亜高速海運の『ホームページオープン記念』キャンペーン。燃油サーチャージ別で往復1,900円から。関釜フェリーは「青春18きっぷ」の提示で2等運賃を半額割引きの4,500円に。サイクリングモニターキャンペーンは適用期間を1年間延長へ。

    毎度ユニークな割引キャンペーンを展開するカメリアラインの月次割引き、6月は乗船当日の降水確率に応じて割引率を決める『降水確率お楽しみキャンペーン』。降水確率100%なら割引後無料に!降水確率ゼロなら割引き無しの正規運賃満額払いに!

    JR九州高速船(ビートル)・未来高速(コビー)

    • ゴーゴー割釜山: 往復5,000円。博多港-午後出発便、釜山港-午前出発便利用。出発日、席数限定。出発3時間前までにオンライン予約と決済をすませること。
    • 超ビートルスペシャル: 往復10,000円。博多港-午前出発便、釜山港-午後出発便利用。出発日限定。出発3時間前までにオンライン予約と決済をすませること。
    • 春旅釜山: 往復13,000円。博多港からの出発日3月3~28日のうち往路日曜~木曜日出発、復路(釜山港)月曜~土曜日出発便限定。出発3時間前までにオンライン予約と決済をすませること。
    • ビートル平日フリーパス2013: 50,000円。2013年4月1日から1年間何度でも乗船できるフリーパス。平日限定。初回利用は電話で予約、カード決済。2回目以降は事前予約不要。同行者割引きあり。
    • Bかめチケット: 往路は博多港から「ビートル」「コビー」で出発、復路は釜山港から出発同日の「ニューかめりあ」夜行便を利用。釜山滞在は約7時間。料金9,900円。日~木曜日出発。利用制限日あり。予約は乗船3日前まで。
    • 年齢別割引き: 出発時の年齢が満23歳までの人が対象のアンダー23と満65歳以上が対象のグランド65。平日往復15,000円、週末往復20,000円。利用制限日あり。出発前日まで電話予約センターで受付、決済はチェックインカウンターで。
    • 平日レディース往復割引: 同一行動の女性2人以上のグループに適用。博多港発土曜日、釜山港発日曜日と一部の日は利用不可。往路13,000円、復路2,000円。出発前日までに電話で予約すること。
    • 4MYクーポン: 40,000円。片道4回分の記名式クーポン。利用制限日なし。有効期間は決済日から180日間。事前予約が必要。電話予約またはオンライン予約で受付。
    • コリアレール&ビートルパス: 5日間用28,000円、7日間用31,000円。韓国鉄道公社(KORAIL)が発売する外国人向けフリーパスとビートル往復乗船券の組み合わせ。利用制限日なし。一部の観光列車やソウル首都圏の電車区間は利用不可。
    • JR九州高速船 公式サイト

    カメリアライン(ニューかめりあ)

    大亜高速海運(ドリーム号)

    • ホームページオープン記念: 往復1,900円2,900円3,900円。設定日、席数限定。往復2泊3日以内。
    • 就航1周年記念: 3,900円。設定日、席数限定。往復3泊4日以内。燃油サーチャージ、ターミナル使用料は別途必要。
    • 大亜高速海運 公式サイト

    関釜フェリー

    • 青春18きっぷ旅大応援キャンペーン: JRの「青春18きっぷ」を提示すると下関港出発の2等片道運賃または往復運賃が片道あたり半額の4,500円に。その他の等級は正規料金から4,500円の割引に。利用期間は4月10日下関港出発便(復路釜山発4月20日)まで。きっぷ1枚の提示につき5名までを割引。事前の電話予約が必要。
    • 韓国サイクリングモニター: 自転車持参で利用する場合、2等片道運賃または往復運賃が片道あたり半額の4,500円に。その他の等級は正規料金から4,500円を割引く。ただし乗船後に『関釜フェリーで行く韓国自転車の旅』をテーマにブログやSNSにエントリー、または感想をメールで関釜フェリーに送信することが条件。事前の電話予約が必要。旅客運賃の他に自転車受託手荷物代金(下関発1,000円、釜山発10,000ウォン)が必要。適用期間は2014年9月30日まで。
    • 山口県、福岡県に住所または本籍持つ人を対象にしたJimo-Ca(ジモカ)カード会員向けの割引。2等運賃が割引後片道あたり5,400円に。利用制限日あり。
    • 関釜フェリー 公式サイト

    (2013.3.7)

    ビートル号1年間乗り放題フリーパスを期間限定で発売

    JR九州高速船は博多-釜山航路のビートル号、コビー号に平日なら何度でも乗船できる年間フリーパス『ビートル平日フリーパス2013』を発売しました。お値段は5万円。

    『ビートル平日フリーパス2013』の利用期間は2013年4月1日から2014年3月31日の平日に限定(連休にかかる平日の一部を除く)。発売期間は2013年3月31日まで。パスは記名式で、名義人本人の他に同行者2名までの割引特典(1人往復10,000円)が付く。初回の利用は電話で予約、クレジットカードによる決済。2回目以降は予約無しで乗船できる(同行者は前日までに予約が必要)。燃油サーチャージ、施設使用料は別途必要。

    (2013.3.7)

    北九州-韓国・束草(ソクチョ)-ウラジオストク間に新航路開設の動き

    韓国のコリアクルーズマーケティング社(KCM)は、韓国江原道束草(ソクチョ)を起点に、福岡県北九州市とロシア・ウラジオストクへの新しい航路を開設する構想を発表、2013年6月の就航を予定して準備を進めています。

    同社の公式サイトに掲載された報道からの引用記事によると、韓国国土海洋部がKCMから申請されていたソクチョ-北九州、ソクチョ-ウラジオストク航路の事業免許を承認。乗客1,000人、コンテナ100TEU規模の船舶を使用して、ソクチョから北九州へは週2便、ウラジオストクへは週1便を運航する計画です。

    日韓ロシアを結ぶ環日本海航路については、2009年6月からDBSクルーズフェリー社が境港-韓国・東海(トンへ)-ウラジオストク間を運航。ハンギョレ新聞の記事によると今年末に福井県敦賀市への航路を新設する計画(一般旅客の取扱いは不明)です。他にも、接触事故を起こして2010年10月から運航停止になった東春航運に代わって、今年3月19日に韓国のStena Daea Line(스테나-대아라인)社によるソクチョ-ザルビノ(-中国吉林省琿春)、ソクチョ-ウラジオストク航路が開設される予定です。

    (2013.2.28 3.7追記)

    はにーさんの旅日記「’12~13年末年始・対馬韓国の旅」続編PART2を掲載

    はにーさんの旅日記の続編『PART2 『走れ!ピョンギョン(辺境・변경)』 … レンタカーで対馬激走311km前編』を掲載しました。どうぞお楽しみください。

    (2013.2.22)

    「青春18きっぷ」の提示で関釜フェリーが最大半額割引になるキャンペーン

    関釜フェリーは『2013年春休み“青春18きっぷ旅”大応援キャンペーン』として、今春の「青春18きっぷ」利用期間中(3月1日~4月10日)に下関港を出発する片道、または往復利用を対象にした割引キャンペーンを開始しました。2等船室は片道が半額の4,500円に。上等船室は片道当たり4,500円を割引く。往復料金は片道割引料金の倍額。

    キャンペーンの適用条件は、事前に電話予約でキャンペーン利用を伝えて、乗船手続きの際に今春発売の「青春18きっぷ」を提示すること。乗船当日に必ずしも18きっぷを利用する必要はないが、下関港までの往復の旅程を記入したアンケート(キャンペーン申込書)を提出する。復路(釜山発)は4月20日出発便までが対象。18きっぷを持つ代表者を含めて5名までを割引き。燃油サーチャージ、ターミナル使用料は別途必要。

    「青春18きっぷ」はJR各社が発売する1枚11,500円のトクトクきっぷ。1枚で期間中のうち5日間、普通列車または快速列車の普通車自由席に乗り放題。5人が同一行動で利用することもできます。

    • 船名:はまゆう(関釜フェリー)、ソンヒ Seong Hee(釜関フェリー)
    • 運航会社: 関釜フェリー 釜関フェリー(日本語)
    • 運賃・料金など: 運賃表
    • 予約・問い合わせ: 割引キャンペーンは 電話083-224-3000で受付

    (2013.2.15)

    はにーさんの旅日記「’12~13年末年始・対馬韓国の旅」連載スタート!

    ご好評頂いている、はにーさんの旅日記の最新作です。今回は、古来より海峡を挟んで様々な歴史を紡いできた、対馬と朝鮮半島の歴史遺産を訪ねる旅。国境の島と半島南部に遺された交流の痕跡を、ユニークな歴史分析を交えて書き綴った旅行記です。どうぞお楽しみください!

    (2013.2.9)

    「平沢(ピョンテク)港周辺の交通ガイド」ページを新設しました。

    韓国京畿道平沢市の平沢港国際旅客船ターミナルへのアクセスガイドです。平沢港は中国山東省や江蘇省へ4航路が発着しています。

    あまり日本人に馴染みのない港と航路ですが、チャレンジ精神あふれる方の参考になれば幸いです!

    (2013.1.26)

    オーシャンローズは東南アジアへリース、定期航路の再開は貨客船を検討するも見通しは厳しい

    HTBクルーズ社は運休中のオーシャンローズ号について、海外の事業者に3年間貸し出す契約を締結したと発表しました。

    報道各社の記事をまとめると、オーシャンローズ号は来月1日に海外事業者へ引き渡され、船内改装を経て東南アジアで就航予定。定期航路の再開については、国際旅客航路事業免許の延長手続きを申請したうえで、上海以外の就航地も含めて検討。収益面を考慮して旅客船ではなく貨物も輸送する貨客船として運用するため、年内の日中関係の改善と貨物輸送の許認可を得ることが運航再開の条件としていますが、HTBクルーズの澤田会長は今月9日の記事で「必要な日中間の規制緩和が進むことは現状では難しい」と表明しています。

    (2013.1.12)

    HTBクルーズのオーシャンローズ号(長崎-上海)に航路廃止の見込み、という報道

    HTBクルーズの澤田秀雄会長は、昨年10月から運休している長崎-上海航路について、オーシャンローズ号の上海航路での運航を取りやめる意向と、上海航路の再開は難しく困難という見方を明らかにしました。HTBクルーズ社はこれまで、旅行需要回復を待ってからの運航再開を模索していましたが、今回は日中関係の見通しに係わらず短期間での再開を断念する方針になっています。

    報道各社の記事によると、澤田会長の話として、「運航会社はオーシャンローズ号を所有したまま別会社にリース、または日本以外の航路で活用する方針。しかし新事業の展開に少なくとも3年程度かかる見通しで、その間は上海航路で運用できない」。上海定期航路については、「運航再開には旅客に加えて貨物輸送で収益を得ることが前提だが、中国側の許認可が必要で見通しは厳しい」としています。

    1月10日の時点で運航会社からの正式発表はまだリリースされていませんが、長崎新聞は「上海航路の運航継続を断念」、NHKは「上海航路 事実上撤退する考え」と報道していて、航路再開の前途は厳しい様相です。

    (2013.1.10)

    博多-釜山航路の割引キャンペーンまとめ(1/5)

    JR九州高速船(ビートル)・未来高速(コビー)

    • 直前割: 往復3,900円。出発日、出発便限定。出発3時間前までにオンライン予約と決済をすませること。(設定便が逐次追加されてるようです。要チェック。)
    • ゴーゴー割釜山: 往復5,000円。博多港発午後便、釜山発午前便利用。席数限定。出発3時間前までにオンライン予約と決済をすませること。
    • 超ビートルスペシャル: 往復10,000円。博多港発午前便、釜山発午後便利用。出発日限定。出発3時間前までにオンライン予約と決済をすませること。
    • Bかめチケット: 往路は博多港から「ビートル」「コビー」で出発、復路は釜山港から出発同日の「ニューかめりあ」夜行便を利用。釜山滞在は約7時間。料金9,900円。日~木曜日出発。利用制限日あり。予約は乗船3日前まで。
    • 春旅釜山: 往復13,000円。3月3~28日福岡出発のうち、往路日曜~木曜日(福岡)出発、復路月曜~土曜日(釜山)出発便限定。出発3時間前までにオンライン予約と決済をすませること。
    • アンダー23: 平日往復15,000円、週末往復20,000円。出発時の年齢満23歳までの人が対象。利用制限日あり。予約は出発前日まで電話予約センターで受付、決済はチェックインカウンターで。
    • グランド65: 平日往復15,000円、週末往復20,000円。出発時の年齢満65歳以上の人が対象。利用制限日あり。出発前日まで電話予約センターで受付、決済はチェックインカウンターで。
    • ビートル早割60: 平日往復10,000円、週末往復15,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発60日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
    • ビートル早割30: 平日往復15,000円、週末往復18,000円。利用制限日あり。利用便、席数限定。出発30日前までにオンライン予約、予約後3日以内にクレジットカード決済が必要。
    • JR九州高速船 公式サイト

    カメリアライン(ニューかめりあ)

    • 1月限定「平均年齢割引キャンペーン」
      2名以上で乗船する場合、その平均年齢によって割引率を設定。平均年齢20歳代のグループは20%割引、80歳代は80%割引に。
    • 2月限定「バレンタインデーキャンペーン」
      大人普通運賃利用の男性を対象に、船内レストランのランチ食事券をプレゼント。
    • 3月限定「ホワイトデーキャンペーン」
      大人普通運賃利用の女性を対象に、船内レストランのランチ食事券をプレゼント。
    • 「お誕生月半額割引」: 14日以内の往復利用で誕生月に博多港から出発する場合、運賃を半額に割引。復路利用日変更不可。
      「ご夫婦合わせて120歳割引」: 2人の年齢合わせて120歳以上の夫婦が対象。往復1人あたりの運賃は特等18,000円、1等14,000円、2等12,000円。
      いずれも利用前に電話予約が必要。詳細は”ニューかめりあ”割引特典を参照してください。
    • 体験日記☆特別運賃: 2等往復5,000円(博多港発)。旅行後に乗船体験記をブログやSNSにエントリーすることが条件。1日先着1組限定。
    • カメリアライン 公式サイト カメリアライン公式Facebook プロモーション運賃、プレゼントキャンペーンの利用は電話予約(092-262-2323)が必要。

    大亜高速海運(ドリーム号)

    (2013.1.5 1.11追記)