HOME 日本-韓国航路 日本-中国航路 日本-ロシア航路 韓国-中国航路 台湾-中国航路 English

『ニュースと更新情報』アーカイブ 2010年版

トップページに掲載した「ニュースと更新情報」の2010年更新記事です。現在の運航案内と異なる内容やリンク切れの記事を含みますのでご留意ください。

ニュースと更新情報(2010年更新分)

光陽フェリー(下関-韓国・光陽)が2011年1月23日から就航します。

下関市は、山口県の下関港と韓国・光陽市の光陽港を結ぶフェリーが来年1月23日から就航することが決まった、と発表しました。

山口新聞の記事によると、光陽フェリーが運航する「Gwangyang Beech」号の初就航は1月23日の光陽港出航便。当面の運航スケジュールは、光陽港を木曜日と日曜日の夜に出発して翌朝に下関港に到着する週2便。

(ネット上のニュースを調べた限りでは下関港出発の曜日と時刻は発表されていませんが、おそらく下関入港日の夜に出港するものと思われます。)

  • 運航会社 : 光陽フェリー 광양훼리 Gwangyang ferry

(2010.12.20)

グランドフェリーが運休、来年3月の再開を目指すと発表

セコマルを運航しているグランドフェリー(門司-釜山)は、利用低迷のため12月19日の便を最後に運休、来年3月の再開を目指すと発表しました。

報道によると、グランドフェリー社は現在就航させているセコマルに代えてより小型のフェリーを用意、来年3月上旬の運航再開を目指すとしています。

  • 船名 : セコマル SECOMARU
  • 運航会社 : グランドフェリー 그랜드훼리

(2010.12.10)

ハートランドフェリー、2011年度は6月7日から28往復を予定

稚内-ロシア・コルサコフ航路を運航するハートランドフェリー社が2011年度の運航スケジュールを発表しました。2011年度は6月7日から9月22日の期間に去年と同じ28往復便を運航する予定です。

(2010.11.13)

光陽フェリー(下関-光陽)の定期運航は2011年1月中旬以降の見込み

韓国・光陽市は光陽フェリーの開業見通しを発表した、と韓国のニュースサイトが報じました。記事によると、光陽フェリーは12月下旬に試験運航を実施、来年1月中旬から定期運航を開始する見込みです。

残念ながら年末年始の旅行シーズンには間に合いませんが、韓国の旧正月シーズンには利用できそうです。

  • 運航会社 : 光陽フェリー 광양훼리 Gwangyang ferry

(2010.11.5)

グランドフェリーが発着曜日を変更

セコマルを運航するグランドフェリー(門司-釜山)が10月から運航曜日を変更しました。新しいスケジュールは門司港出発が水曜日を除く毎日、釜山港からは火曜日を除く毎日の運航。発着時間は従来通りです。

門司 >> 釜山   グランドフェリー
出発 到着
門司港
水曜日を除く毎日 12:00
>>>> 釜山港
19:00
釜山 >> 門司
出発 到着
釜山港
火曜日を除く毎日 23:00
>>>> 門司港
8:30(翌日)

(2010.10.6)

DBSクルーズフェリーが減便、週1便の運航へ

鳥取県境港市と韓国トンへ市、ロシア・ウラジオストク市を結んでいるDBSクルーズフェリーが10月から減便を実施、週1便の運航になりました。新しいスケジュールでは境港出発は土曜日、トンへ港出発は木曜日に変更されています。

さらに11月29日から2011年3月27日まで冬期ダイヤを実施予定、トンへ~ウラジオストク間の入出港時間が変更される見込みです。

  • 境港~トンへ港間は冬期ダイヤでも発着時間は同じ。
境港 >> トンヘ   DBSクルーズフェリー
出発 到着
乗船手続き
締切り時間
(16:00)
境港 19:00
土曜日
>>>> トンヘ港 9:00
(翌日)
トンヘ >> 境港
出発 到着
乗船手続き
締切り時間
トンヘ港 18:00
木曜日
>>>> 境港 9:00
(翌日)
  • 下記の時刻表は11月28日まで。
    29日以降の冬期ダイヤ: 境港9:00(土曜日)出発、ウラジオストク13:00(火曜日)に到着。復路はウラジオストク14:00(水曜日)出発、境港9:00(金曜日)に到着。
境港 >> ウラジオストク   DBSクルーズフェリー
出発 到着
境港 19:00
土曜日
>>>> ウラジオストク港 13:00
月曜日
ウラジオストク >> 境港
出発 到着
ウラジオストク港 14:00
水曜日
>>>> 境港 9:00
金曜日

(2010.10.1更新)

「稚内港周辺の交通ガイド」ページを開設しました。

ロシア・コルサコフ港行きのハートランドフェリーが発着する稚内国際旅客ターミナルと、旅行に役立つ稚内港周辺の施設などを紹介しています。

(2010.9.26)

光陽フェリーが下関-光陽(韓国)航路に就航する見通し。今年12月から週3往復を予定。

新聞報道などによると、日韓航路に新規参入を計画していた韓国の光陽フェリー社が日本側の発着港を下関港に決定、下関市に通知しました。同社の計画によると早ければ12月にも初便を運航、下関-光陽間に週3往復便を就航させる予定です。

運航ダイヤは今のところ調整中のようですが、参考までにgwangnam.co.krが8月18日に掲載した記事によると、光陽フェリーが下関港を出発するのは火・木・土曜日。光陽港からは月・水・金曜日の運航。いずれの運航便も午後9時に出発して翌日午前6時に到着。所要時間は約9時間。(リンク先の毎日.jpの記事にあるように、実際の入国手続き時刻は上記のスケジュールと異なる見込みです。)

韓国側の発着港がある光陽市は、湖南地方の中心都市である光州市から約80km離れた臨海都市。両都市間は高速バスで所要約1時間。釜山からは西に約130km、高速バスで約2時間30分。

  • 運航会社 : 光陽フェリー 광양훼리 Gwangyang ferry

(2010.9.14)

伏木-ウラジオストク航路が復活。ニュードンチュン号が隔週1便で就航。

富山県高岡市の伏木港とロシア・ウラジオストク港を結ぶ航路に東春航運(ドンチュンフェリー)のニュードンチュン号が就航しました。2009年12月にルーシ号が運航を休止して以来の航路復活です。

報道各社の記事によると、初便は8月24日にウラジオストクを出発。伏木港には隔週の火曜日に到着して、木曜日にウラジオストクへ向けて出発。

東春航運は韓国のフェリー会社で、ニュードンチュン号は既に韓国ソクチョ港-ロシア・ザルビノとウラジオストク航路に就航中。ソクチョからザルビノ港を経由して連絡バスで中国・琿春(フンチュン)市を結ぶ旅客の一貫輸送サービスを実施しています。

  • 運航会社 : 東春航運 ドンチュンフェリー(韓国語)

運航スケジュール、料金、問い合わせ先など詳細は調査中です。

(2010.8.28)

燕京号の天津港出発時間と神戸港到着時間がそれぞれ変更されました。

スケジュール変更は8月1日天津出港便から。乗船手続きの締め切り時間が出港前夜の日曜日20:30に繰り上がったため、天津-神戸間は実質3泊4日に。神戸港出発便のスケジュール変更はありません。

神戸 >> 天津   燕京号
出発 到着
乗船手続き
締切り時間
10:00
神戸港 金曜日11:00 >>>> 天津新港 日曜日14:00
天津 >> 神戸
出発 到着
乗船手続き
締切り時間
日曜日
20:30
天津新港 月曜日 3:00 >>>> 神戸港 水曜日 8:30

月曜日の午前中に乗船手続きを済ませる従来のスケジュールでは、天津市での前泊が必須でした。天津出発便の乗船時間は変更前と比べて長くなりましたが、新しいスケジュールでは出発前夜の宿泊費用が節約できるようになりました。また朝早くに神戸港に到着するので、上陸後はより多くの移動手段が選べるように。18きっぷシーズン中なら当日中に首都圏に戻ることも可能です。

(2010.8.17)

新鑑真号の発着港が期間限定で変更されます。出発は全便が神戸港から運航。到着便は全便が大阪南港へ。

新鑑真号を運航する日中国際フェリーによると、上海万博に係わる交通渋滞に備える措置。今年7~12月の運航スケジュールでは、毎週火曜日に神戸港から出発して毎週月曜日に大阪南港に到着。発着曜日と時刻は従来どおり。

(2010.6.20)

門司-釜山にグランドフェリーのセコマル号が就航

運航曜日が変更になりました。新スケジュールをご参照ください。(2010.10.6追記)

北九州市の門司と釜山を結ぶ航路が開設されました。運航スケジュールは門司港出発が月曜日を除く毎日の正午。釜山港からは日曜日を除く毎日夜11時に出発する夜行便です。

就航を記念して6月末までキャンペーン運賃を実施します。2等往復で9,800円など。予約、問い合わせは日本側総代理店の上組フェリー事業部 093-321-2332 へ。

門司 >> 釜山   グランドフェリー
出発 到着
門司港
月曜日を除く毎日 12:00
>>>> 釜山港
19:00
釜山 >> 門司
出発 到着
釜山港
日曜日を除く毎日 23:00
>>>> 門司港
8:30(翌日)
  • 船名 : セコマル SECOMARU
  • 運航会社 : グランドフェリー 그랜드훼리
  • 門司の発着ターミナルは西日本国際ターミナル(北九州市門司区西海岸1丁目)[地図]。海峡ドラマシップの西側の道路を挟んだ斜め向かい。JR門司港駅から徒歩約9分。
  • 運賃・料金など: 運賃表
  • 予約・購入:現在のところオンライン予約は不可。上組フェリー事業部 093-321-2332で電話予約が可能。
グランドフェリーの乗船手続きカウンター(釜山港)
グランドフェリーの乗船手続きカウンター(釜山港)

(写真提供: はにー さん)

(2010.5.18)

東京から新鑑真号(大阪・神戸-上海)に連絡する高速バスが登場。

東京と新鑑真号の発着港を往復する連絡バスが開設されます。サービスの名称は「新鑑真・中日臨海高速バスライナー」。

東京(新宿駅西口)から毎週火曜日の午前1時(月曜深夜25時)に出発して、出発港には朝に到着。東京行きのバスは新鑑真号入港後の午前11時に出発、東京到着は帰国当日(月曜日)の夕方18時です。

連絡バスの運行は4月3日上海港出発便から。料金は片道4,000円(キャンペーン期間料金)。バスの定員は40名と限られるので、早めに予約を。

東京 >> 大阪 神戸 >> 上海   連絡バス+新鑑真号
集合時間 出発 到着
東京
(新宿駅西口)
火曜日0:30
火曜日1:00 >>>> (乗り継ぎ)
大阪南港
・神戸港
火曜日12:00
>>>> 上海港
木曜日
午前~午後
上海 >> 大阪 神戸 >> 東京
出発 到着
乗船手続き
締切り時間
12:30
上海港
土曜日13:00
>>>> (乗り継ぎ)
大阪南港
・神戸港
月曜日11:00
>>>> 東京
(新宿駅西口)
月曜日18:00

(2010.3.28)

門司-釜山航路、5月の大型連休前にも復活の動き。ソージンフェリー社に運航免許を交付。

北九州市の門司と釜山を結ぶフェリーが2年ぶりに復活する見込みです。

西日本新聞によると、韓国のソージンフェリー社が韓国政府から同航路の運航免許を取得。今年4月下旬にも就航して、週6往復を運航する計画。

釜山へは下関港・博多港から大型フェリーが毎日2便、高速船が4便程度運航されていますが、週末など多客日は予約で満席の状態。混雑の解消が期待されます。

(2010.2.7)

稚内-コルサコフ(ロシア・サハリン州)航路、今夏は6月から28往復を運航予定

ハートランドフェリーが2010年の同航路の運航スケジュールを発表しました。今シーズンは6月から9月半ばまでの約3ヶ月半で、毎週1~2往復の運航が予定されています。

(2010.1.5)